使用範囲の限定

ゴム印イメージ

巷では、印鑑・ハンコよりも、シャチハタを多くみかけることの方が、多いのではないでしょうか?
さて、シャチハタはどこで見かけることが多いでしょうか?100円SHOP・デパート&スーパーなどの比較的規模の大きいお店・文房具店・百貨店・時にはおもちゃ売り場…。

シャチハタを見かける機会は、印鑑・ハンコよりも、本当に多く恵まれているように思われます。
シャチハタを大量に生産できる謎。それは、シャチハタに使われている「ゴム印部分」を大量に生産することが可能となっているため、であります。

シャチハタを押す時、その構造は、彫ってあるゴム印の面が引っ込み・シャチハタの容器の中のインクがゴム印に付着した状態で出る、という利点があります。
ゴム印は、シャチハタのインクをゴム印に通すために適しているため、シャチハタにゴム印が使われているのです。

便利に使えるということは、より多くの人たちがたくさん使いたいでしょう。
すると必然的に、大量生産できるゴム印をシャチハタに使おう、ということになってくるわけです。

しかし、ゴム印を大量生産でするということは、とあるリスクも抱えてきてしまうことになってきまいます。
それは、ゴム印は大量生産できやすいがために、偽造されやすいという点です。

もし大量に偽造されたシャチハタが出回ってしまうと、重要な公式の書類はめちゃくちゃになってしまいます。
これらの点で、シャチハタの使用範囲が限定されているのです。

印鑑のお役立ち情報

【印鑑サイト.com】は印鑑・実印の販売情報が豊富!

印鑑を買うときのポイントや、素材えらびのコツをご紹介しております。

ページの先頭へ