使用不可な印鑑

シャチハタイメージ

さて、世の中に広く愛用されている「シャチハタ印鑑」。
シャチハタには、別名「X スタンパー」という別称があります。

実はこの「X スタンパー」という名称は、シャチハタの正式な名称ではないのです。

世間的に有名な名称として広く知られている「シャチハタ」というのは、「X スタンパー」を開発した製造元の名前なのです。

しかし実のところ、銀行や公的な行政機関の公文書としては、確かに「シャチハタ」を使用することはできません。
その理由としては、印字される面がゴム印となっており、「印影」のにじみ・製品の特性として、「印影」が時が経つにつれて、微妙に変化してきてしまい、変形する恐れや可能性が高いため、とされています。

ですが、これは初期に作られた製品の話であって、製品の販売開始当初こそは捺印した印影のにじみは確かに大きかったという面はありました。
しかし、現在は印字体をさらに改良することによって、朱肉・捺印の印影の長期的な保存が可能となっており、にじみは最小限に抑えられつつあります。

ここで勘違いされないでいただきたいのですが、「シャチハタ」という製造元の「X スタンパー」の使用が限定されているのであって、決して「シャチハタ」という製造元の商品が使用禁止とされている、という事実ではないということです。
ここのあたりが、どうやら一般的に「シャチハタ印鑑」の使用が限定されている認識の正式な境界線の謎、というべきことではないでしょうか。

ページの先頭へ